information

2012年1月アーカイブ

SPACEは今年の8月で、創立25周年を迎えます。
改称前をいれると、もう28年になります。
あっという間の25年でした。
また、25年も続けてこられたことを不思議にも感じます。
これはひとえに支えてくださった皆様のお陰と感謝あるのみです。

そこで、今年一年をかけて、今までデザインさせていただいた物件の、未発表も含めて、自分のデザインの足跡を振り返りたいと考えています。
それぞれのエピソードも含めながら皆様に紹介させていただきます。



まず最初は  " IMP・ACT "
120113-2.jpg

これは独立して最初の店舗デザインでした。
堀川北山下ルに、内装材料卸業を営まれている会社の本社ビルがあり、その1Fの有効利用のご相談から仕事が始まりました。

その頃の京都には、おしゃれな生活雑貨を専門にあつかう店舗が少なく、ファンシーではなく、シンプルな大人の雑貨に特化した店舗を企画し、店名もIMP(小鬼、いたずらっ子)ACT(活動をおこす)をあわせてIMP・ACT(衝撃)としました。
商品もモノトーンベースでシンプルなものをそろえました。

場所柄、物販は難しいという話がでていましたが、OPEN初日より、店前に外車が停まり、予想通りの客層が来てくれた時の感動は今も忘れません。

ただ、OPENして話題にはなりましたが、「あれは東京のデザイナーがデザインしたらしい」と、まだまだその頃は京都にデザイナーがいないと思われていたことに、さびしい思いをしたことも思い出となっています。


                                    杉木源三



120113-5.jpg
120113-6.jpg



120113-4.jpg  120113-1.jpg  120113-3.jpg




facebookページ

WA-Qu 和空