information

2010年4月アーカイブ

Portfolioにお店を掲載

portfolio : public space に tuttoBene をアップしました。

01.jpg3月27日にオープンしたtuttoBeneは、「京のお焼き」を食のコンセプトとした、pizzaがメインのイタリアンです。

町家を改造するにあたって、今回は京都に土着したpizzaのお店がデザインのコンセプトでもあったので、できるだけ現状の使える要素は使うようにして、経年変化の良さを残そうと思いました。
デザインというよりは、コーディネイトorデコレイトといった方がふさわしいかもしれません。
もとの気配を継承し、あたかもそこに生き続けているようなお店に仕上がったと思っています。

これから新しい部分が経年変化していき、古い部分となじんで、また違った気配を漂わす・・・そんな魅力のあるお店に育っていくことを願っています。


杉木源三 + SPACE   



  03.jpg     02.jpg     

Photo by Kazuyoshi Tatsumi

Portfolioにお店を掲載

portfolio : public space日本料理 瀬戸内 をアップしました。


HGH-b.jpg   HGH-a.jpg

瀬戸内はホテルグランヴィア広島の直営店であり、今回は20年ぶりのリニューアルでした。

以前はオーソドックスなお店であり、客席は外部からクローズな状態でした。 
ホテルよりの第一の要望が、外から見てライブ感のあるお店にして欲しいということであったので、レーザーカットの布スクリーンを使い、一枚フィルターをかけて、中のライブ感が外へやわらかく伝わるようにしました。

内部のデザインについては、また後日お話ししたいと思います。



杉木源三 + SPACE   



点と面の文化

私は大学時代を通じて、6年間東京に住んでいた。
また京都へ帰ってからも、公私にわたって東京とは関係が深い。
京都に生まれ育って、東京に住んで働いて(と言ってもわずかに6年ではあるが)、京都と東京の文化で自分なりに感じたことを、誤解を恐れずに、独断と偏見で分析してみたい。

文化といっても、仕事に関わる人と人とのつながりについてであるが、京都は点で、東京は面の文化と言えるのではないかと思う。

ten&men.jpg
まず、私が京都でデザインの仕事をしていて思うのは、同じ業界の横のつながりがないことである。
みんな点として活動をしていて、業界という面になることがない。
東京で働いていた頃は、事務所間の横のつながりもあったり、業界というものを肌で感じることができた。

それと同じことは、京都のいろいろな業種でも言える気がする。
どちらが良くて、どちらが悪いと言いたいわけではない。
京都は各々が点で存在しているけれど、その点を横から見ると、杭のように歴史に根ざして長く伸びている。
一方、東京は各業界が面で存在していて、横から見ると時代、世代の面が重なり合って、厚い層を形成している。
だから京都の一つの点を探ると、とてつもない歴史に行き当たることがあり、東京の業界の面を探ると、新旧あらゆる情報や人材が豊富である。

最近こんなことを思う。
今や、グローバルに日本を発していかなければならない状況のなか、この点と面が結びつけば、潤沢な情報やクリエイティブの層に深い歴史の杭を打ち込むことにより、世界に対して盤石な基礎を作っていけるのではないだろうかと。


                                    杉木源三
facebookページ

WA-Qu 和空